T007 「幸福の秘訣」ガイダンス

 

「幸福の秘訣」ガイダンス

  • この項では、自分の心境に合わせた「心の修行法」を紹介します。

カテゴリーA 

  • 仏恩感謝行の実践のレベルです。
  • 「人の悩み相談に答えられる」、「幸福の科学の精舎研修でインスピレーションを受けることができる」「祈りが通じる」レベルだと思います。
  • ただし、精進を怠ったり、仕事の要求量が高くなったりすると、すぐに心境は落ちますので注意をしてください。
  • 心の修行は、継続、悟後の修行が大切です。

カテゴリーB

  • 修行は進んでいると思われますが、「中心概念の発見」がでていないか、「自分の弱点の発見」ができていない可能性が高いです。
  • 人生の目的と使命に対して、何かコツンと芯に当たっていない感じがあるのではないでしょうか。
  • 自分の弱点を発見したい方は、⇒T006「弱点発見」テストを受けてみてください。

 

カテゴリーC

  • 心の中に迷いがあります。
  • このままでは、悪霊に憑依される危険性が高いです。
  • 迷いの原因は「心の世界」の理解ができていないことだと考えられます。
  • 心の学びを深めると幸福に向かっていけると思われます。
  • シリーズ1の学びをお勧めします。
  • ⇒G001「問題解決の手引き」を参考にしてください。
  • 心を変革するには、心に光を入れる必要があります。
  • 当サイトの「光の言葉」などを利用して、心に光を入れる努力をしてください。

カテゴリーD

  • 悪霊に憑依されている危険性があります。
  • 憑依の原因は、「心の世界」に対する無知と、自己中心的な考え方です。
  • 「心の世界」を知っている方のアドバイスを受けるか、当サイトで、シリーズ1から丁寧に学ばれることをおすすめします。
  • 心を変革するには、心に光を入れる必要があります。
  • 当サイトの「光の言葉」などを利用して、心に光を入れる努力をしてください。

 

魂修行の課題の考え方

・人生には次の二つの面があります。

  1. 魂を向上させるために、“弱点”を修正する。
  2. 世の中のお役に立つために、自分の“強み”を生かす。
  • 「強みの強化」と「弱点の修正」を同時に行うことは無理があります。
  • 「強みの強化」と「弱点の修正」に関しては次のように考えることができます。
  1. 人のお役に立つときは、“強み”を生かすことが大切です。
  2. 発展の時には、“強み”を生かすことを中心に考えていってよいと思います。
  3. 発展していると、どこかで壁にぶつかります。
  4. 壁の原因は、自分の弱点であることが多いと思います。
  5. 壁にぶつかった時は、弱点を補強して、光を蓄えることを考えるとよいと思います。

・「智慧のマーケット」では、人間の性格(タイプ)と心境別に、強みを生かす方法と弱点を補強する方法を紹介しています。

・ご自身のタイプと、現在の心境を確認してから、自己変革、自己実現にチャレンジしてみてください。