A203 幸福になるための実践論として私が一番大切だと思うこと

・年内の毎週木曜日は、シリーズ2、3の記事を公開する予定です。
・シリーズ2では、「ほんとうの自分の発見」のための七つの力についてのお話をしています。
(参考 ⇒A200「ほんとうの自分の発見」)
・この記事のテーマは、シリーズ2の3番目のテーマ「現実を受け入れる勇気」です。

 🙂 幸福とは等身大の生き方をすること

・この記事の話は、幸福になるための実践論としては、とても、とても大切な話です。
個人的な印象としては、一番大切な話です

・結論を先に言います。
・人間が幸福になるポイントは、現実を直視する勇気です。

・なぜかというと、「幸福とは等身大の生き方をすること」だからです。
(仏教の言葉で言うと、中道の幸福です。)
・やさしい言葉で言うと、人との比較ではなく、自分らしい(自分の能力や環境にあった)生き方をするということです。

無理をしすぎる人、あきらめる人

・シリーズ1で、世の中には「無理をしすぎて苦しんでいる人」と、すぐにあきらめて「我慢をして苦しんでいる人」がいるという話をしました。
⇒A103「無理をしすぎるタイプ、あきらめるタイプ」

・自分の最善を尽くして、自分に合った幸福を実現している人は、きわめて少ないと思います。

・その理由は、
① 現実を見るのをいやがるからです
・前回の話で、「現実の方が神様の御心を反映している」という話をしました。
⇒A9B03「霊的認識力をあげる真理の勉強と反省の仕方」
・人間は、現実を見ないで、自分の見たいものをみるようにできています。

② 失敗を嫌がるからです
・これは、ひと事ではなく私自身のことです。
・私は、恐怖心が強い方です。
(参考 ⇒A409「恐怖心の克服法」
・大川隆法総裁先生は、東大出身者に対して「逃げる、言い訳をする、責任をとらない」ことを戒められることがよくあります。
・私もその典型です。
(参考『経営とは、実に厳しいもの』、『経営成功学』)

 成功する人の習慣

・しかし、大切なのは「失敗しない」ことではなく、「失敗のあとに適切な処理をする」ということなのです。
(「逃げない」ということです。)

・勉強ができるようになる子どもは、
「テストで間違ったところ」の復習をします。
・発展する企業は、
「クレーム対応」が的確です。
・悟りの王道は
「反省」です。
・健康生活を送るためには、
「病気の早期発見」が大切です。

 😐 現実を見たがらない私たちの姿

・ところが、ほとんどの人は、悪い結果(成績)を見たいと思いません。
というよりは、評価(テスト)自体をいやがります。
・クレームを恐れています。
 というよりは、評価(アンケート)自体をいやがります。
・進んで反省をしようと思いません。
 というよりは、反省をするなどということを考えもしません。
・健康診断をうけようとはしません。
というよりは、健康診断を恐がる人も少なくありません。

・このように、ほとんどの人は、
「現実を直視すること」をいやがっています。

・経営学者のピーター・ドラッカーは、『現代の経営』のなかで、
「一度も間違いをしたことのない者、それも大きな間違いをしたことのない者をトップレベルの地位に就かせてはならない。」と言っています。

 

 😐 現実を直視する勇気を持つ

・ですから、成功したければ、まず、
「自分は現実から逃げている」という事実を認めることです。
・そして、その事実を認めたならば、
 勇気を持って、現実と直面することです。
・それは、
 積極的に、試験や仕事にチャレンジすることです。
・それは、
 積極的に、人の批判やクレームを聞くことです。
・それは、
 積極的に、反省をすることです。

・しかし、勇気をもって、現実に直面していくと、心に痛かった失敗が少しづつ自分を鍛えてくれるよきものと感じられるようになってきます。
(歳をとるにつれて、辛いものや苦いものが好きになる感じと同じです。あるいは、疲れているときに酸っぱいものが心地よい感じと同じです。)

 😐 人生は「苦」である

・そもそも、仏教では、「人生は『苦』である」と説かれています。
・人生には、「生」「老」「病」「死」の四苦や、四苦に「求不得苦」「愛別離苦」「怨憎会苦」「五蘊盛苦」を加えた八苦があります。
・それは、避けることのできない道です。
・それは、神様から与えられた試練なのです。

・それを、修行の力、心の力で打ち勝っていくのが人生なのです。
・言い換えれば、
「『苦』に直面することこそ『人生修行の本道』である」と言えます。

 

<参考書籍>

😉「会員ページ」の紹介

週に一度、じっくりと真理に取り組む

・「現実に直面する」ためには、週に一度くらいは、じっくりと真理に取り組む時間が必要だと思われます。
・「会員ページ」では、以下のようにじっくりと真理に取り組むための材料を提供しています。

① 仏の側から宇宙を見る
⇒SA001「真理の体系の概要 - 『太陽の法』の第1章と弁証法的発展」
② じっくり反省をする
⇒SA002「表面意識が勘違いしていること - 表面意識、守護霊、指導霊の意識の違い、真理の勘違い」
③ 奇跡の時を感じる
・これは、一般ページの毎週土曜日の記事で提供する予定です。
④ 真理をじっくり考える
⇒「私がもらったインスピレーション」
・自分が考えたいテーマが見つかると思います。
・週に一度くらいは、じっくりと時間をとって、真理に取り組むことをおすすめします。
⓹ 真理をじっくりと考えて反省をする
⇒LD000「光と弁証法」
・宇宙の理法である弁証法をできるだけかんたんに説明しているつもりです。
・弁証法がわかると反省の視点がでてくるようになります。

・また、これから「七次元、八次元の光を感じることを支援するプログラムを準備するつもりです。(シリーズLD「光と弁証法」)

霊的認識力の向上による幸福の方法

・「会員ページ」では、「霊的覚醒(ほんとうの自分の発見)」の支援をします。
・具体的に目指していることは以下のとおりです。
① 信仰心を強くする
(テーマ 光 対象 感性的な人)
 人格の向上
(テーマ 弁証法的発展 対象 努力家&抽象思考のできる人or純粋な心を求めている人、人助けをしたい人)
③ 天才教育
(テーマ 究極の鍛錬 対象 抽象思考ができて努力家のヤングor親子、未来社会を創造したい人)
④ SEG投資法
(テーマ 循環による発展 対象 未来社会創造する企業を応援したい人)
⑤ 知的ライフスタイルの確立
(テーマ 中道の幸福 対象 経済的に独立しているシニア)

⑥ 問題解決
(テーマ 悪霊・魔との対決  対象 問題をかかえている人)
⑦ ①~⑥を統合した未来の創造

・「会員ページ」の詳しい内容に関しては、
⇒「智慧のマケットへ ようこそ!」、もしくは
⇒M007「会員ページのご案内」をご覧ください。

⇒「会員ページ」はこちらです。
(購読会員の会費は500円/月です。)