SSP01 『太陽の法』実践講座(&報告)① 第1章

・この記事は、シリーズSSP「『太陽の法』実践講座」の記事です。
・シリーズSSPでは、『太陽の法』の教えの要点と、その実践内容の紹介をします
(『太陽の法』の教えの要点は、シリーズSSで紹介したものと同じです。)

 🙂 『太陽の法』第1章の要点

・『太陽の法』の第1章の要点は、以下の通りです。

 普遍の真理と変転する世界

要点

① 生々流転の法則

『太陽の法』では、次のように説かれています。

人間は、この地上に生まれて以来、あの燦燦と光を投げかける太陽のもとに、さまざまの存在を見たり、生きとし生けるもの、ありとしあらゆるものを見てきました。そこに、ひとつの真理であるところの、普遍の法則があることを私たちは見抜かねばなりません。
そして、その法則こそ、生々流転の法則なのです。
(生々流転の法則とは、)この地上のものには誕生のときがあり、生長のときがあり、衰退のときがあり、そして、消滅のときがあるということです。(p23)

② 不変の実在

・生々流転の奥にあるのが普遍の真理です。

『太陽の法』では、次のように説かれています。

時間の流れの中で流転する存在の背後には、永遠に変化しないなにかがあるのです。(p26)

変化のなかにあって変化しないなにか、流転のなかにあって流転しないなにかがあるのです。そして、このなにかこそが、あるときは実在といわれ、ある時は理念といわれ、また、あるときはイデアといわれるものなのです。
人間の本質は、時間の流れのなかで流転してゆくはかない存在ではなくて、永遠に不変の実在なのです。この不変の実在こそ、生命であり、魂であり、霊であります。(p27)

結論

・この地上のものは、春夏秋冬の生々流転の法則のなかで生きている。
・その奥には、普遍の真理、不変の実在がある。

 🙂 『太陽の法』第1章の実践

普遍の実在を力にする

・「念い」は実現します。
・霊的パワーを身に着けるためには、「霊的パワーをいただいた」と念うことです。

『正心法語』読誦の実践法

・普遍の光を自分の心に吸収するための最大の武器は「真理の言葉・正心法語」です。

・私の「真理の言葉・正心法語」を中心としたお祈りのしかたは、以下の通りです。

① 普遍の光をイメージする
・冒頭の「大宇宙に光あり」から、「あまねく 地上を 照らすなり」までのところで、大宇宙に遍満する普遍の光をイメージします。

② 七色の光をイメージする
・その次の「七色の光」のところで、自分の心のなかから、「愛の光」「智慧の光」「勇気の光」が吸収・発散しているところをイメージします。
(どのようなイメージを持つかは、その日によって違います。)

③ 法の価値を感じながら実践をイメージする
・以降は、お言葉にしながら、心の力をイメージしたり、教えの実践をすることをイメージします。

④ エル・カンターレ・ヒーリングをしながら光を入れる
・毎日、「病気平癒祈願」のエル・カンターレ・ヒーリングをしながら、光が入る瞑想、光を発散する瞑想をしています。
(アンチエイジングのイメージを描いたり、投資法のインスピレーションをいただくイメージを持ったりしています。)

お知らせ

ブログランキング参加中です。
真実の霊界観を広めるためにご協力をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキング

・⇒会員ページはこちらです。