MS1124 「奇跡物語」25 『鋼鉄の法』が予言する2020年の姿

「奇跡物語」
・至高神主エル・カンターレの直説金口の法が説かれる奇跡の時代。人類に襲いかかるハルマゲドンの危機。そこに隠された地球の未来計画。
そのなかで貯金残高200万円、年金暮らしの老人が、「絶対幸福」と「1億円の財産づくり」を目指す、実話に基づいた現在進行形の小説です。
(月曜日から土曜日までの毎日17:07に公開予定です。)

・詳しくは、⇒GMS01「『奇跡物語』の御案内」をご覧ください。

([『鋼鉄の法』が予言する2020年の姿]の続き)

・さとるは買ったばかりの『鋼鉄の法』を読みながら、ハルマゲドンの到来を予感した。

・『鋼鉄の法』は、毎年発刊される幸福の科学の教学の中心となる「法シリーズ」の2020年度版の経典である。
・「法シリーズ」は、2000年代に入ると、その年の幸福の科学の学びや活動の中心となるテーマについて説かれる戦略経典として位置づけられるようになった。
・そして、大川隆法総裁先生が「国師」「世界教師」としての立場を鮮明にされた2010年ぐらいから、単に幸福の科学の活動の中心となるテーマであるだけではなく、日本や世界のその年の中心のテーマを現すような内容が説かれるようになってきている。

・その「法シリーズ」の2020年版が『鋼鉄の法』である。

・『鋼鉄の法』のあとがきには、次のように説かれている。

火をくぐり、水をくぐって、槌打たれた刀剣のように、本物の信仰が確立するには、苦難や試練を乗り越えてゆかねばならない。

・これが、『永遠の仏陀』で説かれている「人類に与えられる火と水の試練である」ことはあきらかである。

≪株価情報≫
11月25日:日経平均 23388円 さとるの持っている株の株価 918円
持ち株数 4496株 口座残高 233630円 総額 4350040円
11月8日:日経平均 23422円 さとるの持っている株の株価 912円
持ち株数 4495株 口座残金 148630 総額 4099440円

≪世界のニュース≫
・国内は桜を見る会の疑惑でやかましい。
・米中貿易交渉は第一段階の合意に向けて交渉が進んでいるが、中国は裏で、香港、台湾への侵略を進めている。

(8月25日)

「奇跡物語」
⇒MS0000「プロローグ - 真実の世界、幻の現実」

公開済みの記事をご覧になりたい方は、
⇒GMS02「『奇跡物語』記事一覧」をご覧ください。

お知らせ

ブログランキング参加中です。
真実の霊界観を広めるためにご協力をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキング

参考資料について

・「奇跡物語」の理解を深めるための参考資料です。

⇒MSR001「トルストイの『戦争と平和』の主人公ピエールの体験と私の体験」

・公開済みの記事をご覧になりたい方は、
⇒GMS03「『奇跡物語』参考資料一覧」をご覧ください。