A9A01c 私は、なぜ、東大をやめたのか①(1988年)-幸福の科学に奉職するまでの表面意識と潜在意識の葛藤

・この記事は、シリーズ9A「奇跡の実証・天上界との交流」の記事です。

・今回は、私が東大をやめてから幸福の科学に奉職するまでのお話です。

😕タイトルに悩む

・今回の記事を書くにあたって、私は、タイトルに悩みました。
・表題以外に私が思いついたタイトルは以下のとおりです。

「幸福の科学・職員への決意」
「私は、なぜ、幸福の科学の職員になったか」
「信念をつらぬく」

・私の正直な気持ちは、上のボツにしたタイトルのとおりです。
・しかし、まわりの人から見たら「なぜ、東大をやめるの?」という感じだったと思うので、ニーズ思考で表題のタイトルにしました。

😕職員なるまでの経緯

・まず、心の中で起きたことと、実際に起きたことの経過説明をします。
(幸福の科学の職員になった年からさかのぼってお話をします。)

幸福の科学の職員になったのは、1991年の4月です。
・その時、私は、東大をやめて、つくばの農水省の試験場で働いていました。
・農水省の研究機関に移ったのは、将来、幸福の科学の職員になろうと勝手に思っていたからです。
(農水省の方々には、大変ご迷惑をおかけしたと思っています。)
・もしも、研究者として一生をすごす気なら、東大にいた方が環境的にはよいので、動かなかったと思います。
(つまり、現象的には、私は農水省をやめて幸福の科学に奉職したことになっていますが、私の心の問題としては、幸福の科学に奉職するつもりだったから東大を辞めたのです。)

😐表面意識と守護霊の葛藤

・そこで、今回の主題にはいります。
・世間的に言うと、「なぜ、幸福の科学の職員になる決意をしたか」という話をすることになると思います。

・しかし、私の考えは少し違うのです。
何か運命的に決まっている感じがしていて、決意とか決断はしていないのです。
(実は、東大の受験を決めたときもそうでした。表面意識では、京大に行きたかったのですが、なぜか、東大受験の方に運命は流れていきました。)
・霊的に説明すれば、「守護霊の導き」だと思います。
(一つ現象的な話をするとすれば、『太陽の法』(旧版です)で、主が真理への道に立たれるまでことを書いた部分を読んで、涙を流したということは強い印象として残っています。)

・したがって、そこにあったとすれば決意ではなく、表面意識と潜在意識(守護霊)の葛藤です。

・幸福の科学の職員になることには大きな抵抗もなかったのですが、どこかで「ほんとうに信じてよいのか」という気持ちもあったのは事実です。
・その最大の理由は、「『太陽の法』に出てくる、人類の歴史に4億年の歴史がある」という話です。
・科学者としては、どうしても合理的に説明できないような気がしていました。

・しかし、その不安を吹き飛ばすような事件が起きたのです。
・その事件については、次回にお話をします。(10月5日の17:07分公開予定です。)

お知らせ

・SNSボタンを設置しました。(FaceBook、ツイッター、Google+、はてなブックマーク)
・今後、新しい記事の公開情報や、かつての人気記事の情報はFaceBookとツイッターで公開予定です。
facebook、ツイッターにアカウントをお持ちの方はそちらもご覧ください。
・facebook、ツイッターのボタンは記事の下にあります。
記事(や本サイトのURL)を保存されたい方は、はてなブックマークのボタンをクリックしてください。
・はてなブックマークのボタンはサイドバーにあります。
(スマフォでは、記事の下の広告の下にあります。)