A400c タイプ別のストレスの特徴

タイプ別のストレス対策

  • 人間は、大きく、進歩タイプの人間と調和タイプの人間に分かれます。
  • 進歩タイプの人は、都会型のストレスの大きい環境を好みます。
  • 逆に、調和タイプの人は、田舎的なストレスの小さな環境を好みます。
  • また、人間を楽観的な人間と、悲観的な人間に分けることもできます。
  • 楽観的な人は、ストレスを感じにくいです。
  • 悲観的な人は、ストレスを感じやすいです。
  • 以上の理由で、次のようなことが言えます。

① 積極タイプとストレス

特徴

  • 積極タイプは、進歩的で、楽観的な人間です。
  • 積極タイプの人は、ストレスの大きい環境にいます。
  • 進歩を目指しているので、環境的には、どんどんストレスが強くなってきます。

問題点

  • その結果、次のような問題点が起きてきます。
    ① お酒や、たばこ、甘いものの摂取などで、ストレスを発散させる
    ② 交感神経系の機能亢進で病気になる
    ③ 環境のストレスがキャパを越えて仕事で失敗をする

② まじめタイプとストレス

  • まじめタイプは、進歩的で、悲観的な人間です。
  • まじめタイプの人は、ストレスの強い環境にいることがよくあります。
  • しかし、性格的には、ストレスに弱い方です。
  • その結果、ストレスが大きな問題となります。
  • そこで、ストレスの問題を別個切り離して考えるのではなく、人生全体の問題を考える必要があります。
  • 具体的には、自分の中心概念を決め、取る物と、捨てるものをはっきりさせる必要があります。

③ 平和タイプとストレス

  • 平和タイプは、調和的で、楽観的な人間です。
  • 平和タイプの方はストレスの少ない環境を好みます。
  • ストレスの少ない環境に逃避した結果、この世的な生き方に問題を生じることが多くあります。
  • また、ストレスの少ない環境になれすぎてしまうと、副交感神経系の機能亢進が起こり、アレルギー系の病気にかかりやすくなります。

④ 協調タイプとストレス

  • 協調タイプは、調和的で、悲観的な人間です。
  • 協調タイプの場合、人間関係のストレスで、苦しむことがよくあります。
  • 対策として、心の変革をすすめるのが一番良いと思います。
  • 詳しくは、G002「心の修行の手引き」をご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です