H006 のんびりタイプと病気

のんびり(平和)タイプと病気

過剰防衛 - アレルギー

  • のんびりタイプは、行動面でも、心の面でも防衛反応が強いタイプです。
  • 子供のころからアレルギー系統の病気になりやすいタイプです。
  • のんびりした環境を好むあまり、ストレスに対する感受性が高くなっています。
  • その結果、ちょっとしたストレスでも、交感神経系が緊張して、症状がでてきます。
  • 夜型になりやすいので、昼間ボーっとして、自律神経系のリズムが乱れることもよくあると思います。
  • 努力逆転型と同じように、潜在意識で「防衛反応」が働いて、病気になることがあります。

勇気を持って行動する

  • 処方箋は、勇気を持って挑戦をしていく(交感神経系を働かせる)ことです。

 過保護の環境を見直す

  • 第一に、過保護の環境を見直しましょう。
  • 夏、暑いときでも、太陽の光のなかで、紫外線をあびる生活を考えましょう。
  • 冬、寒いときでも、元気よく表にでましょう。
  • 薬をのむことはできるだけひかえましょう。
  • できるだけ新鮮な生の食物(特に、暖色系の食物、固いもの、根菜類)、高タンパク質のものを摂取しましょう。

② アクティブな生活を心がけよう

  • 第二に、できるだけアクティブな生活を心がけましょう。
  • 仕事をしっかりとして、汗をかきましょう。

③ 精神力を強くしよう

  • 仕事をするために、仕事に失敗しても耐えられる精神力を身につけましょう。
  • 精神力を身につける最大の方法は、信仰心を強くすることです。
  • 信仰心を強くしたい方、精神力を強くしたい方には、本サイトのシリーズ4の学びをおすすめします。

妥協(協調)タイプと病気

  • 性格的には、副交感神経系優位で、ストレスを嫌います。
  • しかし、他人との調和が大切なので、人間関係でストレスをためやすいタイプです。

総合的に改善する

  • このタイプは環境に左右されやすいタイプです。
  • 環境が悪いとストレスがたまります。
  • ストレスがたまったときの症状は、まじめタイプと同じような経過をたどると考えられます。
  • 日本女性の平均的姿でないかと思えます。
  • 体質的(食の好みなどを含めて)にも、副交感神経系優位で、身体が冷える傾向にあります。
  • そのために、体温が下がり、その結果、免疫系も弱くなっていくことが多いと考えられます。
  • 冷え症や、便秘で悩んでいる方も多いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です