H005 悲観的タイプと病気

悲観的タイプと病気

  • 悲観的タイプには、努力逆転タイプと逃避タイプがあります。
  • どちらも似た傾向です。
  • はじめに、努力逆転タイプの話をします。

病気を引き寄せやすいタイプ

  • 努力逆転タイプは、行動面でも、心の面でもストレスがかかりやすいタイプです。(詳しくは、⇒A400c「タイプ別のストレスの特徴」をご覧ください。
  • 体力が落ちたときに免疫力が低下し、病気になりやすくなります。
  • 基本的にマイナスが気になるタイプです。
  • 無謀タイプとは逆に、「失敗」を自分のせいにし「自分を責めてしまいます」。
  • 潜在意識の理論で言うと、「自己破壊願望がある」ということになります。
  • だから病気になります。
  • 要するに、病気を引き寄せすいタイプです。

冷え症、便秘、ガン、糖尿病

  • 病気の原因は、交感神経系の機能亢進です。
  • 日常になっているのは、冷え症とか便秘などの女性病です。
  • また、免疫力が低下していることが多いので、ガンなどにもなりやすいタイプです。
  • がんばりすぎて糖尿病になることもあります。

心の変革をする

  • 魂修行の課題として、求められているのは「心の変革」です。
  • まじめなタイプなので、リラックスすることを学ぶ必要があります。
  • 「心の修行」という観点からお話をすると、「信じる心」を強くすることです。
  • 心の変革法に関しては、シリーズ4「心の変革の秘訣」を参考にしてください。

ガンの予防のおすすめ

  • このタイプの方は、ストレスに弱いのに、ストレスの強い環境にいます。
  • ストレスに弱いので、病気になると、そのストレスで病気をさらに悪化させてしまいます。
  • おそらく、一番ガンにかかりやすく、治りにくいタイプです。
  • したがって、健康なうちに、ガンの予防を考えておくことをおすすめします。
  • このタイプの方は、まじめなので、正しい努力をすれば、善の循環で、大きな幸福を得ることができると思います。
  • つまり、ものごとの本質をつかみ、悪の循環が来る前に、善の循環に入ることが大切です。
  • 善の循環に入るためには、
     心の修行をする
    ② 環境を整える
    ③ 認識力をあげる
    の三つの面を常に考える必要があります。

妥協(協調)タイプと病気

  • 性格的には、副交感神経系優位で、ストレスを嫌います。
  • しかし、他人との調和が大切なので、人間関係でストレスをためやすいタイプです。

総合的に改善する

  • このタイプは環境に左右されやすいタイプです。
  • 環境が悪いとストレスがたまります。
  • ストレスがたまったときの症状は、まじめ(努力逆転)タイプと同じような経過をたどると考えられます。
  • 日本女性の平均的姿でないかと思えます。
  • 体質的(食の好みなどを含めて)にも、副交感神経系優位で、身体が冷える傾向にあります。
  • そのために、体温が下がり、その結果、免疫系も弱くなっていくことが多いと考えられます。
  • 冷え症や、便秘で悩んでいる方も多いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です