S003 自己卑下の問題

 自己卑下の問題

・この記事は、シリーズS「問題解決のページ」の三番目の記事です。

 自己卑下の問題の整理

・記事S001で、自己卑下の問題点を整理しました。
・それを再掲します。

・自己卑下におちいりやすいのは、まじめタイプです。
・自己卑下が自己破壊願望まで行けば、ガンになります。
・自己卑下の原因は、信じる心が足りないことです。
・自己卑下の問題点は、無理をしてストレスがたまることです。

 マイナス思考は問題解決の最大のテーマ

・本サイトの中心テーマは、「心の力を使って幸福になる」ということです。
・心には力があり、潜在意識でイメージできたことは実現します。
・潜在意識でマイナスのイメージを持つと、マイナスの現実を引き寄せてしまいます。
・その仕組みについては、シリーズ4「心の変革の秘訣」をご覧ください。

・現実には、多くの人が心に恐怖心や劣等感などのマイナスの心を持っています。
・これが苦しみの原因です。

・幸福の科学の大川隆法総裁先生は、御法話のなかで次のように説かれたことがあります。

悩みの姿の約半分は、「自己憐憫」なのです。残りの半分は何かと言えば「恐れ」です。真理の法則においては、恐れてるものを逆に引き寄せてしまいます。

・また『未来の法』では、次のように説かれています。

恐怖心、コンプレックス、苦しみの心、引っ掛かりの心、それから、人と対立し、恨みつらみを述べる心、そうした否定的な心が体のなかに長く巣くうと、ガンという病気になって表れてくることがあります。

・自分の心のなかで、勝手にマイナスを描き、それを引き寄せて苦しんでいるのが、不幸な人の姿なのです。

 心を変革してマイナス思考から脱する

・したがって、幸福への道は、すごくシンプルです。
・心を変革して、マイナス思考を脱すればよいのです。
・当サイトの情報提供、光の供給も、ここに焦点を当てています。

 当サイトが提唱するマイナス思考からの脱却法

・当サイトが提唱する「マイナス思考からの脱却法」は、以下の通りです。

① シリーズ1と各シリーズのガイダンス記事を読んで、心の力に関する基礎知識を得る。
② シリーズ2とシリーズ4の記事を読んで学習しながら、真理の実践を考える。
③「光のページ」を使って、心に光を入れながら、信じる力を強くしていく。

 マイナス思考からの脱却に関連する記事

・当サイトのマイナス思考を脱するための参考記事は以下の通りです。⇒AT002「まじめタイプのページ」
⇒H005「悲観的タイプと病気」
⇒シリーズ4「心の変革の秘訣」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です